共栄工業は、鋼製家具メーカーとして使いやすいオフィス家具を中心に働きやすい職場つくりを目指し社会に貢献してきました。時代は今、超高齢化社会を迎え、労働人口は減少し現役世代の負担は増すばかりです。このような環境下で、共働き家庭は70%を超えていると言われています。当社は、厳しい経営環境を社員とともに乗り越えて来ました。更に高みを目指すためには、社員の働き易い環境を整備し、社員のモチベーションの向上は必須であると考えます。
育児は大変な仕事です。ですが生活をしていくために経済力も必要です。これから社会を支える大事な若い社員の皆様が、安心して働くことのできる職場つくりを、共栄工業は取り組んで参ります。仕事と育児を両立させることを全力で応援します。

令和4年4月1日
代表取締役社長 三輪 哲也

一般事業主行動計画

共栄工業株式会社は 女性活躍推進法 に基づき、社員の仕事と育児の両立を図るために、以下のとおり一般事業主行動計画を策定しました。

行動計画

全従業員が安心して業務に取り組め、その能力を十分に発揮できる職場環境の向上を図る。

計画期間

令和4年4月1日 ~ 令和9年3月31日 までの5年間

目標と取組内容 ①

生産技能職、営業職の女性労働者の採用を1人以上増やす。

取組内容(令和4年4月~)
・女性労働者が活躍できる職種であることを採用活動でPRする。
・在職している女性社員との意見交換を行い採用活動に活かす。
・女性がいない職場・職種等への女性労働者が働く事ができるように魅力ある職場を構築する。

取組内容(令和4年7月~)
・採用活動に向けた学校・進路指導部先生との情報交換。

目標と取組内容 ②

育児・介護休業・休暇制度が活用できるよう、多能工化を推進させる体制づくりを行い、育児・介護休業制度利用者を1名以上取得させる。

取組内容(令和4年4月~)
・社内勉強会や研修などを積極的に実施し、複数の業務をこなすことができるように多能工化を図る。
・スキルマップ、マニュアル等を活用し、教育訓練を実施し、業務の幅を計画的に増やしていく。

取組内容(令和4年10月~)
・育児・介護休業・休暇制度を理解してもらうため、処遇や復職後の不安感を払しょくすべく必要な教育を実施する。

以上